ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

健全な湖沼生態系再生のための新しい湖沼管理評価軸の開発(平成 18年度)
Towards lake restoration: development of a means to assess and improve ecosystem health

予算区分
BD
研究課題コード
0508BD966
開始/終了年度
2005~2007年
キーワード(日本語)
流域,湖沼の自然再生,数理モデル,生物多様性,生態学と社会
キーワード(英語)
WATERSHED, LAKE RESTORATION, MATHEMATICAL MODELLING, BIODIVERSITY, ECOLOGY AND SOCIETY

研究概要

日本の湖沼の水質は、様々な施策にかかわらず改善の兆しがみえない状況にある。湖沼環境の真の再生には、自然科学的な研究に人文社会学的な研究を加え、湖沼環境の変化と人間の意識や意思決定のカップリングについての理解が必要である。本研究では、生態学と社会学の研究成果を利用し、生態系ダイナミズムと人文社会的ダイナミズムがカップリングした結果起こる現象を明らかにする。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

(1)メソコズム実験と現地調査から湖沼生態系のカタストロフ・レジームシフトを引き起こす主要な自然科学的要因を明らかにする。流域の土地被覆と浸透率の関係を解析し、負荷を軽減する土地利用プランを提示する。(2)釧路湿原の東部3湖沼や霞ヶ浦を対象として、多属性を扱える選択型実験という新しい手法により、生態系回復の環境経済評価を行う。生態学の研究成果に基づいた科学的な情報を住民に提示することで、一般市民の生態系回復に対する認識形成もしくは選好形成といった人間の価値プロセスを解明する。また、環境社会学的、環境史的手法で、人間の基本的な営み(生業や遊びなど)と湖沼環境の関係について解析し、環境理念にかかわる理論的な論点について検討を深める。 (3)湖沼生態系を人々の社会から独立したものとしてとらえるのではなく、人々の意思決定が部分的にはその内部に取り込まれたシステムとしてとらえ、それらを統合するモデリングを実施する。(1)と(2)の研究成果を利用し、生態系ダイナミズムと人文社会的ダイナミズムがカップリングした結果起こる現象を明らかにする。

今年度の研究概要

湖沼生態系でキーストーン的な役割をする生物種ならびに生物群の影響を明らかにする。霞ヶ浦流域数地点で土壌水分を連続測定し、それらの地点の分光反射特性を観測る。あわせて衛星画像や環境GISデータを解析することから、流域の被覆変化を定量化する。釧路湿原流域5市町村の一般市民を対象として、釧路湿原の各サイトの利用度(訪問経験)及び認知度(知名度)を調査し整理する。その上で、ネット調査を用いた達古武沼における自然再生の便益評価を実施する。また、環境教育の評価を目的とした追跡調査を標茶高校の高校生を対象として実施する。人々の選択と湖沼生態系のカップリングのモデルのより詳細な数理解析を行う。湖沼内での大型植物や底泥巻き上げなどもとづいたレジームシフトをモデル化し、それと人々の選択によるレジームシフトの関連を明らかにする。

備考

共同研究機関(共同研究者):九州大学(巌佐庸),総合研究大学院大学(長谷川真理子),東京大学(鬼頭秀一),筑波大学(福島武彦),信州大学(花里孝幸)

課題代表者

高村 典子

  • 生物・生態系環境研究センター
    琵琶湖分室(生物)
  • フェロー
  • 学術博士
  • 生物学
portrait

担当者

  • 田中 嘉成