ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

遠隔計測データ中の地形及び分光特徴の自動認識に関する研究(平成 18年度)
A study on automatic recognition of topographic and spectral features in remotely sensed data

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0507AE844
開始/終了年度
2005~2007年
キーワード(日本語)
遠隔計測,自動認識,地形特徴,分光計測
キーワード(英語)
REMOTE SENSING, AUTOMATIC RECOGNITION, TOPOGRAPHIC FEATURE, SPECTRAL FEATURE

研究概要

衛星や航空機から取得された遠隔計測データから,地形及び分光特徴を自動的に認識・抽出する技術を開発する.

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:モニタリング・研究基盤整備

全体計画

平成17年度:クレータに代表される円状地形の抽出ソフトウェアを完成させ,様々な画像に適用してその有効性と問題点を明らかにする.
平成18年度:衛星データを用いた陸域植生の一次生産量推定に重要な光利用効率,植生指標の推定精度改善手法を構築する.
平成19年度:衛星データを用いた陸域/水域抽出及び雲域除去の定常処理向け手法を確立する

今年度の研究概要

衛星データを用いた陸域植生の一次生産量推定に重要な光利用効率,植生指標の推定精度改善手法を構築し,共同研究機関等の取得したデータを用いて,その精度を検証する.

関連する研究課題
  • 0 : 地球環境研究センターにおける研究活動

課題代表者

松永 恒雄

  • 地球環境研究センター
    衛星観測研究室
  • 室長
  • 博士 (工学)
  • 工学
portrait