ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

アジア域における人間活動による大気環境変動の将来予測
ー将来化学気候図の作成ー(平成 18年度)
Future prediction of air pollution caused by anthropogenic activities in Asia - development of chemical weather map in future -

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0406CD419
開始/終了年度
2004~2006年
キーワード(日本語)
東アジア,広域大気汚染,将来予測,化学気候図
キーワード(英語)
EAST ASIA, REGIONAL AIR POLLUTION, FUTURE PREDICTION, CHEMICAL WEATHER MAP

研究概要

東アジアにおける将来の大気汚染を予測することを目的とする。将来2020年の東アジアにおける大気汚染濃度を予測することを目標とする。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

化学物質輸送モデルと将来エミッション・インベントリを使って、将来2020年の東アジアスケール大気汚染を予測する。

今年度の研究概要

昨年度までの研究成果をもとに、1)アジア域における将来エミッションインベントリの確定、2)大気組成変動予測シミュレータを使用した対流圏オゾンとエアロゾルの将来変動予測(最終計算)を進め、4年間の研究成果を報告書にとりまとめる。

備考

共同研究者:秋元肇,山地一代(地球フロンティア研究システム),顔暁元(地球フロンティア研究システム;現在,Institute of Soil Science(中国)),堀井伸浩(日本貿易振興機構アジア経済研究所), 黒川純一(富士通エフアイピー株式会社;現在,国立環境研究所)

課題代表者

大原 利眞

  • 企画部
  • フェロー
  • 工学博士
  • 工学,地学,システム工学
portrait

担当者