ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

技術革新と需要変化を見据えた交通部門のCO2削減中長期戦略に関する研究(平成 18年度)
Long-term CO2 reduction strategy of transport sector in view of technological innovation and travel demand change

予算区分
BA 環境-地球推進
研究課題コード
0406BA499
開始/終了年度
2004~2006年
キーワード(日本語)
交通,バックキャスト,2050,技術革新,運輸部門,交通需要
キーワード(英語)
TRANSPORT, BACKCAST, 2050, TECHNOLOGICAL INNOVATION, TRANSPORT, TRAVEL DEMAND

研究概要

2020年まで、2050年までの2つのタイムスパンについて、交通部門からのCO2排出量の大幅削減のための中長期戦略を策定することを目的とする。そのために本研究では、対策の投入時期と効果の発現時期とのタイムラグを考慮した対策効果評価手法を構築し、技術選択モデルで必要とされる要素技術の効果や費用に関する基礎情報を提供する。また、2050年については、バックキャスティング手法を適用して、向かうべき長期的なビジョンと達成シナリオを提示することを目標とする。

研究の性格

  • 主たるもの:政策研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

燃費改善技術と次世代自動車技術の調査を踏まえた技術選択モデルを用いて2020年基準シナリオを策定するとともに有識者ヒアリングを通じて2050年の交通ビジョンを作成する(16年度)。次に、導入のタイムラグを考慮する削減効果モデルを用いて2020年対策シナリオを策定するとともに、2050年のシナリオ策定手法の枠組みを構築する。(17年度)。さらに、2050年の交通システムのビジョンと排出削減シナリオを作成するとともに、短中期政策の方向提示や、政策実施に伴う社会経済的影響の検討を行う (18年度)。

今年度の研究概要

これまでの知見をとりまとめ、2050年の交通システムのビジョンと各々の年次の目標を達成するためのシナリオを構築する。特に、取り組みのタイミングの違いによる削減効果の違いの評価や社会経済的影響の検討を踏まえて、短中期政策の方向提示を行う。

備考

中間評価の結果を受けて,研究期間が5年間(平成16〜20年度)に延長された。
共同研究機関:産業技術総合研究所,筑波大学,名古屋大学,早稲田大学

課題代表者

森口 祐一

担当者

  • 小林 伸治
  • portrait
    松橋 啓介社会環境システム研究センター