ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

二波長偏光ライダーのデータ解析手法の研究(平成 18年度)
Study of Data Analysis Methods for Two-Wavelength Polarization Lidar

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0406AE344
開始/終了年度
2004~2006年
キーワード(日本語)
黄砂,ライダー(レーザーレーダー),エアロゾル,雲,エアロゾル種別判定,消散係数,偏光解消度
キーワード(英語)
ASIAN DUST, LIDAR (LASER RADAR), AEROSOL, CLOUD, AEROSOL CHARACTERIZATION, EXTINCTION COEFFICIENT, DEPOLARIZATION RATIO

研究概要

現在、ライダーネットワークによるエアロゾル観測を展開しているが、二波長の観測データ中に明確な解釈が容易でない現象がしばしば見られる。これまでに二波長と偏光解消度を用いたエアロゾルの特性評価手法について研究したが、実際の観測データにおいてはこれを適用することが必ずしも容易ではない。本研究では、二波長偏光ライダーによる観測データとエアロゾルおよび雲の特性について再検討し、観測結果の解釈に広く利用できる解析手法の開発を目指す。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:モニタリング・研究基盤整備

全体計画

これまでに得られているライダーネットワークによるデータから二波長および偏光データの特徴的なパターンを抽出する。抽出したケースについて、インバージョン法による解析、2波長アルゴリズムによる解析等を試みる。また、気象状況や化学輸送モデルによる現象の解析を行う。これらに基づいて現象を解釈するとともに、状況に応じてエアロゾルおよび雲の特性を評価する手順を検討する。

今年度の研究概要

後方散乱と偏光解消度をそれぞれ二波長で測定する手法について、黄砂イベント時の観測を行なう。前年度に開発したアルゴリズムを用いて黄砂および球形エアロゾル(大気汚染エアロゾル)の混合比とそれぞれの後方散乱オングストローム指数を導出する。また、この手法をネットワーク観測に応用するための装置の改良について検討する。

関連する研究課題
  • 0 : その他の研究活動(大気圏環境研究領域)

課題代表者

杉本 伸夫

  • 環境計測研究センター
  • フェロー
  • 理学博士
  • 理学 ,物理学,工学
portrait