ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

ライフスタイル変革のための有効な情報伝達手段とその効果に関する研究(平成 17年度)
A research on the Mass Media and other sources for effective information dissemination and their impacts on lifestyle change

予算区分
BA 環境-地球推進 H-052
研究課題コード
0507BA792
開始/終了年度
2005~2007年
キーワード(日本語)
マス・メディア,ライフスタイル変革,情報伝達
キーワード(英語)
MASS MEDIA, LIFESTYLE CHANGE, INFORMATION DISSEMINATION

研究概要

この課題は、生活様式変革のための有効な情報伝達手段とその効果について、マスメディア(テレビ、新聞など)の報道内容や、インターネット、口コミなどが市民の態度形成と行動変化(世論調査による)に与える影響を明らかにしようとするものである。人々のライフスタイルとそれに影響を及ぼす情報手段という観点から日本だけではなく将来的に大きな負荷をもたらすと考えられる中国との共同研究を行うことにより、生活様式の水準から見た日本の位置づけを明らかにし、その生活様式の変化を促すための効果的な情報伝達手段を探ろうとするものである。

研究の性格

  • 主たるもの:政策研究
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

(1)
生活様式変革のための有効な情報伝達手段とその効果に関する国際比較研究
本サブテーマでは全体の総括を行うと共に、マスメディア(TV,新聞、雑誌等)、映画、インターネット、地域の環境団体等からの情報等さまざまなメディアのモニター結果を用いての内容分析を行うと共に、社会調査について日本における実査を担当する。
(2) 中国における生活様式変革のための有効な情報伝達手段とその効果に関する研究
このサブテーマでは、上海、香港、重慶等において都市部および近郊農村部、農村部も含めた日本調査と比較可能な調査を実施する。さらに、中国(特に北京および上海、香港地域)における新聞等のメディアの内容分析も行う。

今年度の研究概要

1)メディアの報道内容のモニタリングを行う。さらにモニタリングデータをもとに、内容分析(新聞、テレビ、インターネット、環境団体等)を行う。
2)日本における成人男女の環境意識の時系列調査を専門調査会社の毎月のオムニバス世論調査にて実施し、1)との関連を比較する。
3)日本における成人男女の環境に関する意識、生活様式、社会資本にかかる調査を行う。これについては、(2)のサブテーマ参画者も併せて調査項目、質問項目の検討を行い、中国との比較調査・分析を行う。
4)上海における成人男女の環境に関する意識、生活様式、社会資本にかかる調査を行う。これについては、(1)のサブテーマ参画者も併せて調査項目、質問項目の検討を行い、中国との比較調査・分析を行う。

備考

大学共同利用機関法人
人間文化研究機構
総合地球環境学研究所

躍軍および株式会社ニッセイ基礎研究所栗林敦子との共同研究

課題代表者

青柳 みどり

  • 社会環境システム研究センター
    統合環境経済研究室
  • 主席研究員
  • 博士 (農学)
  • 社会学,農学
portrait