ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

遠隔計測データ中の地形及び分光特徴の自動認識に関する研究(平成 17年度)
A study on automatic recognition of topographic and spectral features in remotely sensed data

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0507AE844
開始/終了年度
2005~2007年
キーワード(日本語)
遠隔計測, 自動認識, 地形特徴, 分光計測
キーワード(英語)
REMOTE SENSING, AUTOMATIC RECOGNITION, TOPOGRAPHIC FEATURE. SPECTRAL FEATURE

研究概要

衛星や航空機から取得された遠隔計測データから,地形及び分光特徴を自動的に認識・抽出する技術を開発する.

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:モニタリング・研究基盤整備

全体計画

平成17年度:クレータに代表される円状地形の抽出ソフトウェアを完成させ,様々な画像に適用してその有効性と問題点を明らかにする.平成18年度:円以外の形状の自動抽出に関する予備的検討及びソフトウェア等の試作を行う.平成19年度:円以外の形状の自動抽出に関する検討をまとめ,必要な機能を取り込んだ評価用システムを開発する

今年度の研究概要

円状地形に関して過去に実施した研究によって得られた知見を取りまとめ,その抽出ソフトウェアを完成させる.さらに同ソフトウェアを様々な画像に適用して,その有効性と問題点を明らかにする.

課題代表者

松永 恒雄

  • 地球環境研究センター
    衛星観測研究室
  • 室長
  • 博士 (工学)
  • 工学
portrait