ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

健康関連の生活の質(Health-related Quality of Life)が環境に配慮した行動様式に及ぼす影響に関わる研究(平成 17年度)
Association between Health-related Quality of Life and recycling behaviour

予算区分
KZ その他公募
研究課題コード
0506KZ959
開始/終了年度
2005~2006年
キーワード(日本語)
生活の質, 行動様式, リサイクル
キーワード(英語)
quality of life, behaviour, recycle

研究概要

環境に配慮した行動様式(以下、環境行動)は、エネルギー消費の抑制、ひいては二酸化炭素の排出抑制に関連することがいわれている。先行研究において、環境行動と関連する要因としては、性別、年齢、社会経済階層、子供の有無などが明らかにされた。近年、日本経済は回復の兆しをみせているが、失業率は高水準であり、自殺率は高水準である。また、軽度以上のうつ状態の有病率は37%、中程度以上の有病率は14%程度であることを示している。うつ状態は、行動様式に影響を与えているものと考えられ、うつ状態にある者は健常時と比較し、生活行動様式が変化するものと考えられる。このようなことから、うつ状態が環境行動と関連している可能性があるが、これらの関連にかかわる先行研究はこれまでになされていない。そこで、本研究の目的は、うつ状態を含めた主観的な健康状態、即ち、健康関連の生活の質(Health-related Quality of Life: HRQOL)と環境行動とが関連しているか否かを研究することである。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:政策研究

全体計画

2005年度は先行文献による調査ならびに質問紙の作成を行う。2006年度は質問紙による調査ならびに解析を行う。

今年度の研究概要

本年度は健康関連QOLの特性につき先行文献による調査ならびに、当該分野の研究者との意見交換を経て、質問紙の作成を行った。また、次年度の準備として、調査会社の選定ならびに調査会社と調査スケジュールの打ち合わせを行った。

課題代表者

山崎 新