ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

東アジアスケール大気汚染の動態解明に関する研究(平成 17年度)
Study on dynamics of air pollution in East Asia

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0408AE418
開始/終了年度
2004~2008年
キーワード(日本語)
東アジア, 広域大気汚染, 経年変動, 数値モデル, エミッション・インベントリー
キーワード(英語)
EAST ASIA, REGIONAL AIR POLLUTION, ANNUAL TREND, NUMERICAL MODEL, EMISSION INVENTORY

研究概要

東アジアスケール大気汚染の広域動態を解明することを目的とする。東アジアスケール大気汚染を数値モデルを使って再現し、その動態を解明することを目標とする。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

地域気象モデルと化学物質輸送モデルを結合した数値モデルならびにエミッション・インベントリーを使って東アジアスケール大気汚染を再現する。特に、経年変動の再現と変動要因の解明をめざす。

今年度の研究概要

数値モデルと1980〜2000年のエミッションインベントリを使って、東アジアスケ−ル広域大気汚染の年々変動を評価する。

備考

共同研究者:鵜野伊津志(九州大学応用力学研究所),早坂忠裕(総合地球環境学研究所),黒川純一(富士通エフアイピー株式会社),山地一代(地球環境フロンティア研究センター)

課題代表者

大原 利眞

  • 企画部
  • フェロー
  • 工学博士
  • 工学,地学,システム工学
portrait

担当者

  • portrait
    谷本 浩志地球環境研究センター
  • 菅田 誠治地域環境研究センター
  • 畠山 史郎
  • 村野 健太郎
  • 若松 伸司