ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

氷床コア中宇宙線起源放射性核種の高密度高精度測定手法の開発(平成 17年度)
Development of high resolution and accurate analytical methods of cosmic ray-produced radionuclei in ice cores

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0406CD530
開始/終了年度
2004~2006年
キーワード(日本語)
加速器MS, 長寿命放射性核種
キーワード(英語)
AMS, long-lived radionuclei

研究概要

氷床コアに閉じこめられた宇宙線起源放射性核種の高精度かつ高密度測定手法を開発し、堆積年代の確認、太陽活動強度の変化あるいは地球規模の環境変動の記録を読み出すための基礎技術を確立して、極地研がドームふじで掘削中の3000mコアの分析体制を整える。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:モニタリング・研究基盤整備

全体計画

Be-10の測定に必要な試料量を1桁減らすとともに、現状では困難なCl-36の測定を目指して新たなイオン源開発に取り組む。また生成量の少なくこれまで分析例がほとんどないAl-26の測定に挑戦する。

今年度の研究概要

Cl-36測定を目指してイオン源を改造し、運転条件に関する基礎的な検討を進めるとともに、性能評価を行う。

備考

東大,筑波大,弘前大との共同研究。

課題代表者

柴田 康行

  • 環境計測研究センター
  • フェロー
  • 理学博士
  • 化学,生化学,地学
portrait

担当者

  • 植弘 崇嗣
  • 田中 敦環境計測研究センター
  • 米田 穣