ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

廃棄物処分場の有害物質の安全・安心保障(平成 17年度)
Risk Management and Security Strategy on Toxic Substances in Final Disposal Site

予算区分
BY 環境-委託請負
研究課題コード
0406BY762
開始/終了年度
2004~2006年
キーワード(日本語)
廃棄物最終処分場, 有害汚染物質, 遮水工, 保有水水質改善, 立地特性化
キーワード(英語)
WASTE LANDFILL, TOXIC POLLUTANT, IMPERMEABLE LINER, LEACHATE IMPROVEMENT, SECURITY LOCATION RANKING

研究概要

廃棄物の最終処分場は地域住民にとっては、迷惑施設であり安心が保障されていない。これが設置できなくなると社会にとっては有害廃棄物の生活空間からの除去という安全が保障されない。本研究は、廃棄物処分場の有害化学物質に着目し、挙動がほとんど未解明である処分場内での動向と浸出水水質を解析するとともに、地下へ漏洩した場合の拡散を解析し、その対処のための技術的方法を提示する。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

廃棄物埋立層環境に起因する遮水工破壊メカニズムの解明として物理的要因を検討する。廃棄物層内大気導入による水質改善と浸出水処理技術を開発する。内部保有水水質の形成メカニズムの解明と安全性評価のため、内部保有水の移動メカニズムの解明、およびガス組成による内部ステージ反応の推定手法を提案する。非破壊的手法を用いた埋立地活性分布の評価手法の開発により、処分場の監視と立地特性化によるリスクの管理手法を構築する。

今年度の研究概要

遮水システムの熱・力学的破壊現象を再現し、漏水量の変化を評価する実験を行う。大気導入技術の試行と評価を室内ならびに現場実験(テストセル)にて開始する。浸出水に含まれる有害物質の凝集沈殿+RO膜処理の処理性能を評価し、最適操作条件を求める。一般廃棄物を対象とした比抵抗プロファイルの成因を実験的に解析する。観測井を用いたモニタリングを継続し、処分場における調査で君津法の有効性の一般化を図る。地理情報システム上で処分場の環境影響ポテンシャルを特徴づけるためのスコアリング手法を検討する。

備考

共同研究機関:岡山大学(小野芳朗,毛利紫乃),埼玉県環境科学国際センター,大阪市立大学,高知大学,愛媛大学,神戸大学,室蘭工業大学,龍谷大学(石垣智基,岸本直之),ホージュン,ダイヤコンサルタント,太平洋セメント,日本国土開発

課題代表者

井上 雄三

担当者

  • 山田 正人福島支部
  • Bulent Inanc
  • portrait
    遠藤 和人資源循環・廃棄物研究センター
  • 阿部 誠
  • 鄭 修貞
  • 坂内 修
  • 朝倉 宏
  • 山田 亜矢