ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

埋立層内ガスに着目した海面埋立最終処分場の安定化メカニズムに関する研究(平成 17年度)
Evaluation of bio-stabilization mechanism based on landfill gas quality for offshore landfill sites

予算区分
MA 委託請負
研究課題コード
0405MA394
開始/終了年度
2004~2005年
キーワード(日本語)
最終処分場,廃棄物,適地選定,環境影響,安定化促進,海面処分場,処分場ガス
キーワード(英語)
LANDFILL,SOLID WASTE,SITE SELECTION,ENVIRONMENTAL IMPACT,STABILIZATION ENHANCEMENT,OFF-SHORE LANDFILL,LANDFILL GAS

研究概要

海面埋立処分場は広域廃棄物処理において重要な位置を占めており,そのリスク管理が社会的に求められている。埋立廃棄物を早期に安定化させ,廃止へと導くことは,維持管理コストのみならずリスクの削減をも果たすことが可能となる。海面埋立処分場では,埋立廃棄物層を嫌気性雰囲気から好気性に変遷させ,安定化を促進させる一つの手法として排水暗渠の敷設が挙げられる。本研究は,安定化促進とリスク削減方策として排水暗渠が敷設された実際の海面埋立処分場における安定化の挙動を,埋立廃棄物層内のガス質,温度,微生物相の変化によって評価し,そのメカニズムを解明することが目的である。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:行政支援調査・研究

全体計画

海面埋立処分場の安定化促進を目指した排水暗渠工の有効性を評価することを目的とし、保有水位の降下による埋立廃棄物層の好気的雰囲気への変化を(1)温度,(2)ガス濃度(酸素,二酸化炭素,メタン)に着目して検討を行う。両項目を自動記録装置によってモニタリングできる観測ステーションを設置する。好気的雰囲気への変化により,層内の微生物相が変化することが予想されるため,埋立廃棄物と浸出水中の微生物相の経時変化を観察し、安定化メカニズムの評価を行う。

今年度の研究概要

長期モニタリング可能な二つの観測ステーションでの測定を継続し、二年間にわたるガス濃度や温度、微生物相の変化を観察することで、各項目のトレンドを把握する。モニタリング結果の解釈を、熱伝導度や浸透特性、微生物構造などの室内実験と数値解析によって検討し、海面処分場における安定化メカニズムと安定化促進工法についての提案を行っていく。

課題代表者

井上 雄三

担当者

  • portrait
    遠藤 和人資源循環・廃棄物研究センター
  • 坂内 修