ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

北部九州におけるハンノキ群落およびハマボウ群落の生態とその保全に関する研究(平成 17年度)
Researches on the ecological conservation of communities of Alnus japonica (Thunb.) Steud. and Hibiscus hamabo Sieb. et Zucc. in Northern Kyushu.

予算区分
AH 地環研
研究課題コード
0205AH753
開始/終了年度
2002~2005年
キーワード(日本語)
生態特性, 絶滅危惧種, ハマボウ, ハンノキ, 保全対策, レッドデータブック
キーワード(英語)
ECOLOGICAL CHARACTERISTICS, ENDANGERED SPECIES, ALNUS JAPONICA, HIBISCUS HAMABO, CONSERVATION COUNTERMEADURES, RED DATA BOOK (RDB)

研究概要

北部九州には、低地湿生林として、低湿地にハンノキ群落、河口・海岸域にハマボウ群落が点在しているが、現在、開発や護岸などの人為的要因により減少しつつある。群落の優占種であるハンノキやハマボウは、平成13年発行の福岡県版レッドデータブック(RDB)で、各々、絶滅危惧?B類、絶滅危惧?類に評価されており、早急な保全対策が望まれている。そこで、本研究では、北部九州におけるハンノキ群落、ハマボウ群落の分布と生態を明らかにするとともに、ハンノキ、ハマボウの生育特性や繁殖特性を把握し、その保全手法について検討・提言する。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

北部九州におけるハンノキ群落とハマボウ群落の分布調査(14〜16年度)。ハンノキ群落とハマボウ群落の生態調査(15〜17年度)。ハンノキとハマボウの生育・繁殖特性(16〜17年度)。ハンノキ群落とハマボウ群落の保全手法の検討・提案(17年度)。

今年度の研究概要

北部九州のハンノキ群落・ハマボウ群落内に設定した調査区において、引き続き、群落構造、結実状況、実生更新状況等を調査し、これらの植物種の野外での生育特性・繁殖特性を把握する。また、種々の環境条件下で発芽実験を行い、実生更新が可能な環境条件等について検討する。これらの結果をもとに、ハンノキ群落とハマボウ群落の保全手法を提案する。

備考

共同研究機関:福岡県保健環境研究所(須田隆一)

課題代表者

清水 英幸

  • 地域環境研究センター
  • フェロー
  • 博士(農学)
  • 生物学,理学 ,情報学
portrait