ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

ILAS-IIデータ処理運用システムの開発に関する基礎的研究(平成 17年度)
Development and improvement of the ILAS-II data processing system

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0205AE341
開始/終了年度
2002~2005年
キーワード(日本語)
改良型大気周縁赤外分光計II型, ILAS-II, 計算機
キーワード(英語)
IMPROVED LIMB ATMOSPHERIC SPECTROMETER II, ILAS-II, COMPUTER SYSTEM

研究概要

改良型大気周縁赤外分光計II型(ILAS-II)に係る、地上データ処理運用システムの改良及び開発に反映させることを目的とし、効率的な計算機システムの更新を目標とする。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

改良型大気周縁赤外分光計II型(ILAS-II)のデータ処理運用システムの更新に関する研究を行う(14年度〜15年度)。本システムの運用機関中の増設・改良及び高効率かつ低コストの設計に関する検討と、導入に関する研究を行う(15年度〜17年度)。

今年度の研究概要

平成16年度末に導入した新システムにおいてILAS-II観測データの再処理・保存・提供を継続実施するため研究を行い、これまでの成果をまとめる。

課題代表者

横田 達也

  • 地球環境研究センター
  • フェロー
  • 工学博士(東京大学)
  • 情報学,システム工学,コンピュータ科学
portrait

担当者