ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

二次的自然環境における陸上-水中にわたる生物生活史に関する研究(平成 17年度)
Amphibious lifecycle of organisms in the secondary natural environment

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0205AE365
開始/終了年度
2002~2005年
キーワード(日本語)
二次的自然,生息場所利用,里山,水生昆虫,淡水魚
キーワード(英語)
SECONDARY NATURE,HABITAT USE,AMPHIBIOUS LIFECYCLE

研究概要

二次的自然環境内の水域から陸上にかけた生息場所において生活史を送る生物について、その生息場所利用様式を調査し、分布の要因を探る。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

平野部の農耕地・居住地混合地域を流れる河川とその周辺で生物生息環境の類型的分布を実施する(平成14 ̄16年度)。その調査地域内で水生あるいは水陸両生の生物の分布を調査し、これら生物分布の生態系内における挙動・役割を評価する(平成14 ̄17年度)。

今年度の研究概要

関東平野部の数河川を主対象に、陸上・水中両方にわたる生態系のつながりを淡水魚・水生昆虫を重点対象生物として調査する。

課題代表者

高村 健二

  • 生物・生態系環境研究センター
    琵琶湖分室(生物)
  • フェロー
  • 博士 (理学)
  • 生物学
portrait