ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境試料長期保存(スペシメンバンク)に関する研究(平成 17年度)
Study on environmental specimenbanking

予算区分
AD 基盤ラボ
研究課題コード
0105AD251
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
スペシメンバンク
キーワード(英語)
SPECIMENBANK

研究概要

将来の新たな汚染・環境問題の顕在化に備え、また現在十分な感度、精度で測定できない汚染の進展を将来の進んだ手法で明らかにするために、所内外の長期環境モニタリング事業と連携をとりながら、環境試料及びデータの収集、保存を継続するとともに、より長期的、広域的視野に立った環境試料の長期保存のあり方を検討する。 これまで継続して収集・保存されている沿岸海洋生物並びに離島の大気粉塵試料の継続的な収集・保存を図るとともに、水や土壌・底質、食品等の長期モニタリング事業に資する保存体制を確立する。

研究の性格

  • 主たるもの:モニタリング・研究基盤整備
  • 従たるもの:基礎科学研究

全体計画

13年度貝類、大気粉塵、母乳試料の収集、保存:保存性試験試料作成
14年度生物、大気粉塵等の試料の収集、保存:保存性試験開始
15年度生物、大気粉塵等の試料の収集、保存:保存性試験継続
16年度生物、大気粉塵等の試料の収集、保存:保存性試験継続
17年度生物、大気粉塵等の試料の収集、保存:保存性試験継続・中間結果とりまとめ

今年度の研究概要

今年度も環境ホルモン研究や他の長期環境モニタリング事業と連携して、巻貝類や二枚貝類などの生物試料、大気粉塵及び底質や水質等のさまざまな環境試料の収集、保存をさらに継続する。

課題代表者

柴田 康行

  • 環境計測研究センター
  • フェロー
  • 理学博士
  • 化学,生化学,地学
portrait

担当者