ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

建築物における空調・照明等自動コントロールシステムに関する技術開発(平成 16年度)
Reduction of energy consumption by an automated air-conditioner and light control in a building

予算区分
BH 環境-石油特会
研究課題コード
0406BH478
開始/終了年度
2004~2006年
キーワード(日本語)
自動制御,リアルタイムシミュレーション,省エ
キーワード(英語)
AUTOMATIC CONTROL,REAL-TIME SIMULATION,ENERGY SAVING

研究概要

我が国の二酸化炭素排出量の中でも、業務その他部門からの排出量は特に急激な増加を続けており、その対策が緊急の課題となっている。本研究の目的は、リアルタイムで建物の熱負荷シミュレーションを行い空調等機器等を制御することにより、省エネ、二酸化炭素削減の目標を達成しつつ業務を快適に行うことを可能にする技術を開発することである。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:

全体計画

(1)自動コントロールシステムにおける建物熱負荷シミュレーション技術開発、(2)自動コントロールシステムにおける機器制御システム開発、(3)建築物における省エネ・業務効率の観点による自動コントロールシステムの総合評価、(4)自動コントロールシステムを含む省エネ建築物の地域レベルにおける評価、のサブテーマをそれぞれの担当研究機関(再委託先)が実施すると共に、(1)、(2)の連携によって開発した自動コントロールシステムを地球温暖化研究棟に導入して総合的に評価し、更に地域レベルにおける効果を評価する。

今年度の研究概要

熱負荷シミュレーション技術と機器制御技術を組み合わせることによって新たな空調自動コントロールシステムを構成することが可能であることを実証すると共に、地球温暖化棟における計測システムの整備と基礎データの取得、自動コントロールシステムの評価手法の開発、地域レベルのシミュレーション技術の開発を行う。

備考

共同研究機関:宮城工業高等専門学校(内海康雄),横浜国立大学(田村明弘,三田村輝章),株式会社山武(神村一幸),東京理科大学(井上隆,百田真史),埼玉大学(外岡豊,藤野毅)

課題代表者

中根 英昭

担当者

  • portrait
    小熊 宏之生物・生態系環境研究センター
  • 相澤 智之
  • 吉田 友紀子