ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

有機フッ素化合物等POPs様汚染物質の発生源評価・対策並びに汚染実態解明のための基盤技術開発に関する研究(平成 16年度)
Study on the establishment of scientific and technical foundation for assessment of sources, development of destruction method and elucidation of pollution status of POPs-like compounds, especially organofluorine chemicals

予算区分
AG 特別研究
研究課題コード
0305AG494
開始/終了年度
2003~2005年
キーワード(日本語)
POPs様汚染物質,有機フッ素化合物,PFOS,多環芳香族炭化水素
キーワード(英語)
POPS-LIKE COMPOUNDS,ORGANOFLUORINE CHEMICALS,PFOS,PAHS

研究概要

ダイオキシン類など環境残留性、生物蓄積性、毒性を持つ環境汚染物質(POPs様汚染物質)への取組み・対策強化に関するこれまでの研究を踏まえつつ、「環境モニタリングによる実態解明」と「発生源評価」、「分解技術の確立」を柱とする取り組みのための基盤科学技術開発、情報整備をテーマとして以下の研究を進める。意図的生成物質の中で取り組みが遅れていた有機フッ素化合物の例としてPerfluorooctane Sulphonate(PFOS)並びに類縁化合物を取り上げ、(1)分解産物の同定と一斉分析法の整備、モデル地域(東京湾)の汚染状況把握、(2)廃棄処理まで含むマテリアルフローの概要把握、(3)分解条件の検討と基礎的な方法論の確立、(4)PFOS特有のバイオマーカー(曝露指標)の探索と環境モニタリングへの適用可能性の評価、をそれぞれ目標として研究を進める。また、燃焼起源の非意図的生成物質への取り組み強化のために、(5)発生源として生物由来の生ゴミや紙等と化石燃料を区別できる14C測定法を大気試料中化学物質に適用して発生源の寄与を推定する手法の確立と有効性評価を実施する。

研究の性格

  • 主たるもの:基礎科学研究
  • 従たるもの:技術開発・評価

全体計画

PFOS類について、1)主要熱分解生成物の同定と一斉分析法の開発、2)魚類を用いた曝露指標の開発、3)マテリアルフローの追跡調査、4)分解手法の基礎研究を開始する。また、5)大気中汚染物質の抽出、精製法の検討を開始する。1)で開発する中の分析法を東京湾試料に適用し分析を始めるとともに、5)については14C測定のための手法開発を実施する。開発した手法の評価、研究のとりまとめを行う。

今年度の研究概要

PFOSの主要分解物の探索と同定、類縁化合物の用途、環境レベル、環境動態に関する情報を蓄積するとともに、誘導蛋白の同定、化合物毎の14C測定による起源探索に関する研究をさらに継続する。

課題代表者

柴田 康行

  • 環境計測研究センター
  • フェロー
  • 理学博士
  • 化学,生化学,地学
portrait

担当者