ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

PM2.5・DEPの環境動態に関する研究(平成 16年度)
Study on environmental behavior of PM2.5 and DEP

予算区分
AA 重点特別
研究課題コード
0105AA296
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
フィールド観測,風洞実験,数値モデル
キーワード(英語)
FIELD OBSERVATION,WIND TUNNEL,NUMERICAL SIMULATION

研究概要

環境大気中におけるPM2.5・DEPの生成、移流、拡散、反応メカニズムを解析・評価することを目的とする。発生源と環境濃度の関連性を定量的に明らかにすることを目標とする。

研究の性格

  • 主たるもの:応用科学研究
  • 従たるもの:

全体計画

フィールド観測、データ解析、風洞実験、数値モデル解析の手法を用いて、広域ー都市ー沿道スケールにおけるPM2.5・DEPの動態を明らかにする。

今年度の研究概要

平成16年度には環境動態把握および予測評価に関する研究としては、・観測・調査データを解析し、広域・都市大気汚染の動態を解明する。・複雑な道路構造地域における風洞実験、現地調査、モデル解析を実施し、局地高濃度対策シナリオ案を示す。・広域・都市数値モデルシステムを構築する。・広域・都市大気汚染データのトレンドを明らかにする。・国際共同研究を実施し大気汚染データを比較・解析・評価する。・大気環境中ナノ粒子の化学的・物理的性状を明らかにする。

課題代表者

若松 伸司

担当者