ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

廃棄物の熱的処理における臭素化ダイオキシン類の長期的管理方策に関する研究(平成 16年度)
Studies on long-period management measures against brominated dioxins from thermal treatment processes of wastes

予算区分
BC 環境-公害一括
研究課題コード
0104BC240
開始/終了年度
2001~2004年
キーワード(日本語)
臭素化ダイオキシン類,難燃剤,熱的処理,測定技術,物質フロー解析
キーワード(英語)
BROMINATED DIOXINS,FLAME RETARDANTS,THERMAL TREATMENT PROCESSES,MEASUREMENT TECHNIQUES,SUBSTANCE FLOW ANALYSIS

研究概要

臭素化ダイオキシン類(臭素化DXNs)及びその他の有機臭素化合物の廃棄物の熱的処理・再資源化工程からの発生及びマテリアルリサイクル製品への残留に対して、環境中での消長などに関する知見も踏まえてリスクを把握し、臭素化DXNs及び有機臭素系難燃剤(BFRs)に対する適正かつ長期的な管理方策を提示することを目的とする。13-14年度 臭素系DXNsおよび難燃剤の分析法の確立。13-15年度 臭素系化合物のサブスタンスフローモデルの確立。13-16年度 静脈系における各種環境進入過程の特定と挙動把握。16年度 長期的制御システムのLCA評価。

研究の性格

  • 主たるもの:技術開発・評価
  • 従たるもの:応用科学研究

全体計画

13年度-14年度臭素化DXNsの分解特性を考慮した測定分析法の確立。13-15年度臭素系難燃剤等の使用実態に関する統計及び実測調査。サブスタンスフロー及び各媒体別排出量予測。13-16年度 各種環境進入過程における挙動調査。リサイクル製品への残留挙動と環境汚染ポテンシャルの検討。各種難燃剤からの臭素化DXNs生成能及びメカニズムに関する検討。16年度長期的管理シナリオの設計と健康リスクを含めたLCAによる評価

今年度の研究概要

臭素系DXNs及びBFRsを含む標準試料を用いたHRGC/HRMSによる機関間照合試験の継続実施と分析法の改善・最適化。難燃加工プラ中難燃剤であるHBCDの熱分解挙動に関する燃焼プラント実験を継続実施。廃棄物処理過程からの水系へのエミッションに関するインベントリー作成。廃テレビの処理処分、再資源化フローについて家電リサイクル法前後の焼却量、埋立蓄積量および市場再投入量などを予測。環境への進入量の時系列的予測も実施。以上から、健康リスクとLCA的視点を含めて長期的管理シナリオを考察。

課題代表者

酒井 伸一

担当者

  • 大迫 政浩資源循環・廃棄物研究センター
  • 貴田 晶子
  • portrait
    田崎 智宏資源循環・廃棄物研究センター
  • 高橋 真