ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

可搬型超伝導ミリ波大気分子測定装置の開発 (2)オゾン・ClO・水蒸気変動の解析とモデル化(平成 15年度)
Development of portable millimeter-wave radiometer for measuring atmospheric trace species (2) Analysis and modeling of ozone, ClO and water vapor variations

予算区分
KB JST
研究課題コード
0307KB571
開始/終了年度
2003~2007年
キーワード(日本語)
ミリ波放射計,ClO,オゾン,水蒸気,成層圏
キーワード(英語)
MILLIMETER-WAVE RADIOMETER,CLO,OZONE,WATER VAPOR,STRATOSPHERE

研究概要

本研究のねらいは、(1) CRESTで進めてきたチリ共和国ラス・カンパナス天文台におけるClOの観測を継続し、あわせて(2) 小型GM冷凍機や分光計の小型化、多周波同時受信等の改良を行う。さらには、(3) 開発した小型装置をチリ北部の標高5000mの砂漠地帯に設置し、さらに高精度のオゾン・ClO測定、水蒸気(H2O)およびHOx, NOxといったオゾン層破壊物質の定量を行い、オゾン層破壊のメカニズムを多角的に解明することにある。

全体計画

可搬型超伝導ミリ波大気分子測定装置開発グループ
(1) ClO分子のモニター観測
(2) 超伝導ミクサの低雑音化と複数スペクトル同時観測
(3) 観測装置の小型化を行う。
オゾン・ClO・水蒸気変動の解析とモデル化グループ
トラジェクトリーモデルや光化学ボックスモデルを使用する手法を開発し、極渦予測、ClO予測については継続して観測担当研究者の支援を行うと共に、観測によって得られたオゾン・ClO・水蒸気の変動の解析とモデル化を行う。

今年度の研究概要

平成15年度には、水蒸気の観測、複数スペクトル同時観測、アタカマ砂漠への移設等の装置開発グループの新たな挑戦に対応したモデリング及びデータ解析の体制を再構築する。具体的には、
(1)データ保存用RAIDディスクの拡充、
(2)衛星データとの比較、相補的データ解析のためのソフトウェアツールの開発の開始、
を重点的に実施する。

備考

課題代表者:福井康雄(名古屋大学)

課題代表者

中根 英昭

担当者