ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

建物・街区・都市・地域の各規模にまたがる熱環境解析とアジアの巨大都市への適用(平成 15年度)
Thermal environmental analysis in each spatial scale of building, district, urban, region and its application to Asian mega-cities

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0306CD553
開始/終了年度
2003~2006年
キーワード(日本語)
都市気候,都市計画,熱環境,環境共生都市,アジア
キーワード(英語)
URBAN CLIMATE,URBAN PLANNING,THERMAL ENVIRONMENT,ECO-CITY,ASIA

研究概要

ヒートアイランドに代表される都市熱環境の問題が実際の都市計画の場でも大きく取り上げられ、その解決のために緑化を進めるなどの施策がわが国でとられており、アジアのメガシティにおいてもこの問題が注目されている。しかしながら、それらの施策の根拠は脆弱であった。本研究においては、日本及び中国、タイなどアジア諸国の巨大都市を対象に、シミュレーションによる熱環境の解析を行う。そして、これらの都市における都市計画やエネルギー消費量の増大が熱環境に与える影響や対策の効果を評価する。また、従来のモデル解析の限界を超え、建物・街区・都市・地域の各規模をまたぐ解析手法を確立する。一方、国内において系統的な観測を実施し、モデルの検証を行う。これらの研究を通じ、従来信頼度の低かった熱環境の解析の信頼度を向上させることにより、この領域の研究の水準を向上させるとともに、これまで定量的な評価がなされていなかったアジアの巨大都市の熱環境研究の発展の端緒とする。

全体計画

各種の熱環境シミュレーションの結果を実際の施策に応用することを考えたときの最大の弱点は、その結果の検証が十分になされていない点である。そこでモデルの検証を目的に、実際の都市部において建物におけるエネルギー使用、建物外への排熱を観測すると共に、建物周辺の気候の観測を行う。

今年度の研究概要

実際の都市部において、建物におけるエネルギー使用、建物外への排熱を観測すると共に、建物周辺の気候の観測を行う。これらの観測においては、建物表面のアルベドを測定する一方で、地区全体としてのアルベドを観測値から推定し、それらの比較を行うなど、シミュレーションの入力条件になる物性値についても信頼できる値が得られるように解析を行う。

備考

研究代表者:花木啓祐(東京大学)共同研究機関:東京大学,東京都立大学,中華人民共和国・重慶大学共同研究者:一ノ瀬俊明(地球環境研究センター),荒巻俊也(東京大学),貞広幸雄(東京大学),泉岳樹(東京都立大学),黄光宇(中国重慶大学)

課題代表者

一ノ瀬 俊明

  • 社会環境システム研究センター
    地域環境影響評価研究室
  • 主任研究員
  • 博士 (工学) (東京大学)(都市工学専攻論文博士)
  • 土木工学,地理学
portrait