ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

大気中の水・エネルギー循環の変化予測を目的とした気候モデルの精度向上に関する研究(平成 15年度)
Study on improvement of the climate model aiming at projections of water and energy cycle change in the atmosphere

予算区分
BA 環境-地球推進 B-1
研究課題コード
0305BA541
開始/終了年度
2003~2005年
キーワード(日本語)
気候モデル,気候変化,エアロゾル,オゾン,水循環
キーワード(英語)
CLIMATE MODEL,CLIMATE CHANGE,AEROSOL,OZONE,WATER CIRCULATION

研究概要

地球温暖化にともなう気候変化を予測する気候モデルの予測精度向上に資することを目的とする。そのために本研究では、モデルにおいて不確定性の大きい雲・エアロゾルなどの物理過程の表現を改良・高度化し、モデルにより表現される平均的な気候状態の維持機構の妥当性、および気候変化に伴う水・エネルギー循環の変化の妥当性について、観測データ等を基に定量的に評価することを目標とする。

全体計画

エアロゾル反応・輸送モデルのオンライン化、モデル検証のための衛星雲解析データの収集・整理およびエアロゾル種別分類解析、モデル結果の時空間高分解能での収集(15年度)
雲‐エアロゾル相互作用スキームの高精度化、エアロゾル‐オゾン相互作用のエアロゾル場への影響評価、温暖化にともなう降水分布変化の理論的考察(16年度)
雲・エアロゾル過程の表現の改良・高度化の影響評価、モデルにおける降水量の要因別分類および観測データ等の解析結果との比較・検討(17年度)

今年度の研究概要

数百年間の長期積分に耐え得るようにエアロゾル反応・輸送モデルを簡略化し、かつ、気候場とエアロゾル場の相互作用が表現できるように同モデルをオンライン化する。また、モデル検証のために、衛星雲解析データの収集・整理、エアロゾル種別分類解析等を行う。モデルで表現される降水分布の降水要因別寄与率を見積もるため、モデル計算結果を時空間高分解能でアーカイブする。

備考

研究代表者:神沢博(名古屋大学)

課題代表者

野沢 徹

担当者