ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境現象の統計的・物理的研究(平成 15年度)
A Statistical and Physical Study of Environmental Phenomena

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0304AE529
開始/終了年度
2003~2004年
キーワード(日本語)
環境現象,統計,物理
キーワード(英語)
ENVIRONMENTAL PHENOMENA,PHYSICAL METHOD,STATISTICAL METHOD

研究概要

環境現象で分野ごとに習慣的に行われている方法について、物理および統計の立場から再検討するのが目的である。特に、エアロゾルを対象に、混合・沈着過程の解明(統計物理的視点)、多地点同時測定システムの開発(統計的視点)、凝縮過程のカオス解析(統計的、物理的視点)などを進めたい。

全体計画

道路沿道粒子汚染に関連して、エアロゾルの混合過程と地表へのフラックス評価の理論的研究を進める(15年度)。また、エアロゾルの環境中挙動を知るために小型エアロゾルセンサーによる多地点同時測定システムとデータ処理方法の開発を進める(15~16年度)。さらに、凝縮過程のカオス解析を行う(16年度)

今年度の研究概要

エアロゾルの地表フラックス評価の統計的理論式をもとに、その成立条件、有効性について理論的に明らかにする。とくに、熱フラックスの情報を用いることなくエアロゾルの測定のみから直接エアロゾルフラックスを評価する。沿道で多地点同時に測定するエアロゾルセンサーの開発を進め、データから効率的に空間時間情報を抽出する方法を検討する。

課題代表者

松本 幸雄