ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

木材系廃棄物の利用法の拡大に関する研究(平成 15年度)
Studies on reuse method for wooden wastes

予算区分
BE 環境-廃棄物処理
研究課題コード
0204BE434
開始/終了年度
2002~2004年
キーワード(日本語)
木材系廃棄物,再生利用,安全性評価,炭化物,有害物質
キーワード(英語)
WOODEN WASTE,REUSE METHOD,SAFETY ASSESSMENT,CHARCOAL,HAZARDOUS SUBSTANCE

研究概要

木材系廃棄物の利用法を拡大するため、炭化物などを利用した再生品を開発すると共にその有効利用法について検討する。即ち、炭化物の加工、製造法や利用法について検討すると共に、木材系廃棄物に含まれる有害物質の挙動についても検討する。特に、炭化物ボードの利用に関しては、室内空気汚染物質の吸着除去効果などについての検討を加える。

全体計画

木材系炭化物の炭化条件やそれらに含まれる有害成分の分析法等の基礎的検討を行うと共に、炭化物ボード試作品を用いてホルムアルデヒド等の吸着能の予備的検討を行う(14年度)。主要な汚染物質の炭化物ボードへの吸着能やその他の物性を調べ、炭化物の性能を向上させると共に、炭化条件 (加熱温度、加熱時間等)に伴う吸着特性を調べる。また、有害物質を含む可能性のある木材系廃棄物のモデル炭化試験から有害物質の挙動に関する検討を行う(15年度)。木材系廃棄物に含まれる有害物質の除去法を作成すると共に、炭化物ボードなどの長期安定使用法、再利用法、及び最終処分法などについても検討を加える(16年度)。

今年度の研究概要

各種(有害物質を含む)木材系廃棄物などを用いて炭化物を作成し、それらに含まれる有害物質 (ダイオキシン、変異原性物質、重金属類など)の残存量やガス吸着能について検討を進め、原料の性状、炭化条件、各種物性との関連を調べる。また、木材系廃棄物からの炭化物ボードなどの再利用製品の作成やその性能向上についても更に検討する。

備考

共同研究機関:東京理科大学理学部, 明星大学理工学部,京都大学環境保全センター

課題代表者

後藤 純雄

担当者

  • portrait
    中島 大介環境リスク・健康研究センター
  • 江副 優香
  • 酒井 伸一