ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

南北両半球におけるVOC(揮発性有機化合物)のベースラインモニタリング(平成 15年度)
Background monitoring of VOCs in the atmosphere

予算区分
AF 奨励
研究課題コード
0105AF045
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
VOC,バックグラウンド,有機ハロゲン化合物,有機硫黄化合物
キーワード(英語)
VOC,BACKGROUND,HALOGEN-COMPOUNDS,SULFUR-COMPOUNDS

研究概要

南北両半球の代表的バックグラウンドステーションであるアラートとケープ・グリムにおいて塩化メチルを始めとする自然起源VOCの定期観測を行い、それらの季節変動・長期トレンドを把握する。これによって各VOC濃度の今後の変動予測を可能にすると共に、将来的には大気観測からVOC発生源である自然生態系の変動を検出することを目指す。

全体計画

アラート、ケープ・グリムにおいて塩化メチルほか20種のVOCモニタリングを開始する 低濃度VOCのキャリブレーションシステムを確立する自然生態系の変動が大気中VOC濃度にもたらす影響を解析する VOCについて半球規模のトレンドを解析する 特定のVOCについて濃度変動の将来予測とその影響を評価する

今年度の研究概要

(1) アラート、ケープ・グリムにおける月2回のVOCモニタリングを継続する。
(2)西太平洋、波照間、相模湾におけるVOC観測結果を含めて、特に硫化カルボニルの濃度変動要因を解析する。

備考

外国共同研究機関:カナダ・Meteorological Service of Canada、オーストラリア・CSIRO
国内共同研究者:稲垣敏治(宇宙航空研究開発機構)・原田勉、薩摩林光 (長野県衛生公害研究所)・長谷部文雄(北海道大学)

課題代表者

横内 陽子