ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

循環資源・廃棄物中有機成分の包括的分析システムに関する研究(平成 15年度)
Research on development of a comprehensive analytical method for organic components in recycling materials and wastes

予算区分
AB 政策対応型
研究課題コード
0105AB407
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
循環資源,廃棄物,リスク制御,有機性化学物質,液体クロマトグラフィ質量分析,包括的分析
キーワード(英語)
RECYCLING MATERIALS,WASTE,RISK CONTROL,ORGANIC CHEMICALS,LC/MS,COMPREHENSIVE ANALYSIS

研究概要

循環資源や廃棄物に含まれる物質の多くは不揮発性物質および不安定物質と考えられるが、現在の分析手法では把握できないものも多い。そこで、LC/MSによる系統的分析システムを完成させ、廃棄物埋立地浸出水中の不揮発性物質を分析する。とくに浸出水の処理過程で生成する有害物質に着目し、その同定と定量を試みる。

全体計画

LC/MSを廃棄物埋立地浸出水や廃プラスチックから水に溶出した成分に適用するための前処理・分析系を開発する(13年度)。廃製品から水に溶出する不揮発性物質等の抽出と分画を行い、LC/MSで分析可能な物質群の概要を把握する(14年度)。埋立浸出水などにおけるLC/MS検出物質を同定し、系統的なクリーンアップ法や分画法の開発を進めることにより、LC/MS分析手法の最適化システムを提示する(15~16年度)。循環資源・廃棄物に対するLC/MS分析の高感度化を図りつつ、これらの管理に適した系統的分析システムを提示する(17年度)。

今年度の研究概要

系統的な抽出・分画法を多様な廃棄物試料に適用して改良し暫定包括分析システムを完成させる。LC/MSでの高感度検出技術を開発する。LC/MS未知物質検索手法の開発を継続するとともに、LC/MSスペクトルデータを収集する。有機スズ化合物の迅速かつ包括的分析法開発に着手する。有害物質の簡易検出法と総合的同定システム化を検討する。

課題代表者

安原 昭夫

担当者

  • 鈴木 茂
  • 山本 貴士資源循環・廃棄物研究センター
  • 高橋 真
  • 松永 充史