ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

アジア域の広域大気汚染による大気粒子環境の変調について(平成 15年度)
Study of Asian atmospheric particulate environmental change due to large-scale air pollution

予算区分
KB JST
研究課題コード
0104KB281
開始/終了年度
2001~2004年
キーワード(日本語)
長距離輸送,大気汚染,エアロゾル,雲,衛星,ライダー
キーワード(英語)
LONG-RANGE TRANSPORT,AIR POLLUTION,AEROSOL,CLOUD,SATELLITE,LIDAR

研究概要

本研究は、アジアの大気汚染による大気粒子環境の変調を研究する。この目的のため、アジア大陸からの汚染気塊が輸送されやすい季節に、エアロゾルやエアロゾルの前駆物質(SO2、NOx、NOy)濃度分布や輸送パターン、雲の変化などを衛星観測、航空機観測、地上観測によって観測し、解析する。

全体計画

航空機観測によるSO2の測定、衛星によるエアロゾル観測データの解析手法の開発、ライダーによるエアロゾル空間分布の測定(13年度)。気象データを用いたSO2観測データの解析、衛星によるエアロゾル観測データの解析手法の適用、ライダーネットワークによるデータの解析(14年度)。航空機観測によるSO2と黄砂粒子の測定、衛星によるエアロゾル観測データの解析手法の展開・応用、ライダーによるエアロゾルおよび雲の空間分布の測定(15年度)。全測定データの解析、成果の取りまとめ(16年度)。

今年度の研究概要

集中観測キャンペーン(APEX-E3)においてSO2の測定、ライダーによるエアロゾルの観測、衛星データの解析を行う。

備考

課題代表者:中島映至(東京大学気候システム研究センター)

課題代表者

畠山 史郎

担当者