ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

砂漠化指標による砂漠化の評価とモニタリングに関する総合的研究(平成 15年度)
Synthetic studies on evaluation and monitoring of desertification

予算区分
BA 環境-地球推進 G-2
研究課題コード
0103BA001
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
アジア地域テーマ別プログラムネットワーク,環境資源,砂漠化指標,砂漠化統合モデル,砂漠化対処条約,評価,モニタリング
キーワード(英語)
ASSESSMENT,DESERTIFICATION INDICATORS,ENVIRONMENTAL RESOURCES,INTEGRATED MODEL OF DESERTIFICATION,MONITORING,TPN,UNCCD

研究概要

(1)アジアの砂漠化地域における各プロセス(要因、状況、影響、対策効果等)の調査研究を進めると共に、(2)砂漠化評価システム確立の基礎となる砂漠化指標の抽出を行う。また、(3)砂漠化各プロセスの因果関係を説明可能な砂漠化統合モデルの開発を進める。さらに、(4)広域/地域レベルのモニタリング手法を開発することにより、砂漠化対処条約(UNCCD)およびそのアジア地域テーマ別プログラムネットワーク「砂漠化のモニタリングと評価(TPN1)」の活動に資する研究を展開する。

全体計画

衛星データ等による広域的生物生産力を基にした砂漠化推定手法の開発(13年度~15年度)環境資源・生物生産力・社会経済状況に基づく砂漠化地域の脆弱性評価(14年度~15年度)砂漠化要因間の因果関係を説明可能な砂漠化統合モデルの開発(13年度~15年度)砂漠化地域の現地調査・モニタリングの実施・砂漠化プロセスの解析・評価(13年度~15年度)各地域の砂漠化評価・モニタリングのための砂漠化指標群の抽出・提示(15年度)

今年度の研究概要

潜在的な生物生産力と実際の生産力との比較による砂漠化程度(進行度/回復度)の評価を試み、またその脆弱性評価を行う。砂漠化指標に関連した資料/情報収集、室内実験、野外調査を実施し、データベース化を進める。地域レベルの砂漠化統合モデルの構築を進め、砂漠化対処の政策オプションの検討および評価を行う。砂漠化モニタリング地域の環境資源調査・社会経済調査等により、各地域に特徴的な砂漠化プロセスを検討し、指標群の抽出・関係解明を行う。

備考

共同研究機関:中国林業科学院・中国科学院・内蒙古農業大学・内蒙古大学・カザフ農業大学・カザフ穀作研究所・パキスタン国立水資源研究所
共同研究者:大黒俊哉・白戸康人・藤原英司・中井信・大倉利明(農業環境技術研究所)・恒川篤史(東京大学)・小崎隆・舟川晋也・矢内純太(京都大学)・石敏俊(筑波大学)・山村理人(北海道大学)・石川祐一(秋田県立大学)・安萍・地崎剛・((財)地球・人間環境フォーラム)・松本聰((社)国際環境研究協会)・洲濱智幸((株)パスコ)・梶井公美子・安部和子(パシフィックコンサルタンツ(株))
本研究は,砂漠化対処条約(UNCCD)の科学技術委員会や「アジア地域テーマ別プログラムネットワーク(TPN)1:砂漠化のモニタリングと評価」の活動と連携して実施した。

課題代表者

清水 英幸

  • 地域環境研究センター
  • フェロー
  • 博士(農学)
  • 生物学,理学 ,情報学
portrait

担当者

  • 戸部 和夫
  • 鄭 元潤
  • 安 萍