ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

反応性窒素酸化物の野外観測による対流圏オゾンの生成機構と輸送効率に関する研究(平成 15年度)
A field study on production mechanisms and transport efficiency of ozone and oxidized nitrogen species in the troposphere

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0103AE287
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
パーオキシアセチルナイトレート,反応性窒素酸化物,対流圏オゾン,光化学,長距離輸送
キーワード(英語)
PEROXYACETYL NITRATE,REACTIVE NITROGEN OXIDES,TROPOSPHERIC OZONE,PHOTOCHEMISTRY,LONG-RANGE TRANSPORT

研究概要

地上ステーションにおける通年観測によって、ユーラシア大陸東岸におけるパーオキシアセチルナイトレートなど反応性窒素酸化物の季節変動パターンとそれをもたらす化学的・気象的要因を理解し、放出源の強度・光化学による生成強度・輸送の効率の季節依存性について知見を得る。また、北半球中高緯度の対流圏オゾンに広くみられる春季極大現象の要因解明を通じて、対流圏オゾンの生成・輸送過程の解明に寄与することも目標の一つである。

全体計画

日本のリモート地点に位置する地上モニタリングステーションにおいて、オゾンとパーオキシアセチルナイトレートなど反応性窒素酸化物の通年観測を行う。日本の幅広い緯度帯を利用して、放出源種類・強度、光化学的生成効率、輸送レジームの異なる北方と南方に焦点を定めて観測を行い、ユーラシア大陸東岸の化学的クライマトロジーを明らかにする。並行して、通年で運転可能なパーオキシアセチルナイトレートの測定法確立を行う。

今年度の研究概要

通年で運転可能なパーオキシアセチルナイトレートの測定装置を確立し、日本の南方を代表する地点である沖縄において通年観測を開始、予備的データを得る。

課題代表者

谷本 浩志

  • 地球環境研究センター
    地球大気化学研究室
  • 室長
  • 博士(理学)
  • 化学,物理学,地学
portrait