ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

空間・時間変動を考慮した大気汚染物質の曝露影響モデルの開発に関する研究(平成 15年度)
Study on the exposure-effect model considering the spatio-temporal variation of air pollutants concentration

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0103AE226
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
大気汚染,曝露,影響,空間時間変動
キーワード(英語)
AIR POLLUTION,EXPOSURE,EFFECT,SPATIO-TEMPORAL VARIATION

研究概要

大気汚染物質濃度が空間的、時間的に変動する事を考慮した曝露?影響モデルの開発を目的とする。曝露?影響モデルの現況の整理、時間空間変化を考慮した曝露モデルの評価、および時間空間変化を考慮した曝露?影響モデルの評価と探索を目標とする。

全体計画

13年度:曝露?影響モデルの課題の明確化。14年度:時間空間変化を考慮した曝露モデルの検討。15年度:時間空間変化を考慮した曝露?影響モデルの検討。

今年度の研究概要

時間空間変化を考慮した曝露モデルを検討し、実現可能性のあるモデルを探索する。

課題代表者

松本 幸雄