ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

中国の半乾燥地域に生育する植物の生理生態機能に関する研究(平成 15年度)
Studies on ecophysiological characteristics of plant species distributed in Chinese arid and semi-arid regions

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0003AE255
開始/終了年度
2000~2003年
キーワード(日本語)
砂漠化,乾燥地域,中国,適応,植物
キーワード(英語)
DESERTIFICATION,ARID REGION,CHINA,ADAPTATION,PLANT

研究概要

砂漠化の進行は中国においても深刻な問題となっているが、植被の保全や植物の人為的導入は砂漠化の防止や砂漠化した土地の回復のための重要な手法となっている。そこで、本研究では、中国における砂漠化防止や砂漠化回復のための基盤的知見を得るために、中国の砂漠地域に分布する植物の生理生態機能を調べることを目的とする。本研究の目標は、(1)砂丘での砂の流動化にともなう植生の遷移が各植物のどのような特性の相違によっているかを明らかにすること、および、(2)塩性土壌での植物の適応方式を明らかにすることである。

全体計画

砂生の草本植物および灌木に関し、砂中の水分欠乏にともなう幼植物の生存率の種間の相違を検討するとともに、塩性環境における土壌中の塩濃度や塩成分の組成が実生の生存率などにおよぼす影響を実験的に調べる(13年度~14年度)。種子が様々な深さで砂中への埋め込まれたときの発芽や実生の定着への有利さを検討する(15年度)。

今年度の研究概要

中国の砂漠地域に分布する代表的な数種類の砂生植物(草本植物および灌木)につき、種子が様々な深さで砂中への埋め込まれたときの発芽や実生の定着におよぼす水分供給量の影響を調べ、降雨量の経日変化や種子の砂中への埋もれがこれらの植物種の砂地での適応や分布とどのように関連づけられるかを検討する。

課題代表者

戸部 和夫