ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

気道の抗原提示細胞に関する基礎研究(平成 15年度)
Studies on the antigen presenting cells in airway

予算区分
AE 経常
研究課題コード
9903AE059
開始/終了年度
1999~2003年
キーワード(日本語)
気道,抗原提示機能,細胞表面分子
キーワード(英語)
AIRWAY,ANTIGEN-PRESENTING ACTIVITY,CELL SURFACE MOLECULES

研究概要

大気汚染物質は,気道過敏性や抗原特異的な抗体産生の増加により,呼吸器系疾患やアレルギー疾患の発症あるいは増悪に寄与していることが示唆されている。この過程には様々な要因が挙げられるが,抗原提示細胞によるT細胞の活性化は大変重要である。本研究では,大気汚染物質の曝露が気道の抗原提示細胞に及ぼす影響について抗原提示機能を中心に検討する。

全体計画

大気汚染物質の曝露が肺胞および気道組織中の抗原提示細胞の数や機能に及ぼす影響とそのメカニズムについて検討する。大気汚染物質としてはオゾン,DEP等の大気中の粒子状物質を対象とする。粒子状物質の影響については,in vivo, in vitroにおいて検討する。

今年度の研究概要

DEPをはじめとする粒子状物質が抗原提示細胞と抗原提示細胞によるT細胞の活性化に及ぼす影響およびそのメカニズムについて検討する。また粒径や成分による影響の比較も行う。

課題代表者

小池 英子

  • 環境リスク・健康研究センター
    病態分子解析研究室
  • 室長
  • 博士(医学)
  • 医学,生物学
portrait

担当者

  • 小林 隆弘