ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

政策1. 循環型社会形成推進・廃棄物管理に関する調査・研究
政策1.(4) 液状廃棄物の環境低負荷・資源循環型環境改善技術システムの開発に関する研究(平成 15年度)
1. Studies on Material Cycles and Waste Management
(4) Study on the sustainable low loading and resources recycling environment improvement system for appropriate liquid waste treatment

研究課題コード
0105PR014
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
液状廃棄物, 富栄養化対策, 水環境改善システム, 窒素リン回収・除去, バイオ・エコエンジニアリング, 開発途上国
キーワード(英語)
DOMESTIC AND INDUSTRIAL WASTEWATER, EUTROPHICATION, WATER QUALITY RENOVATION SYSTEM, NITROGEN AND PHOSPHORUS, BIO-ECO ENGINEERING, DEVELOPING COUNTRY

研究概要

21世紀の環境問題における極めて重要な課題の一つとして,し尿や生活雑排水等の液状廃棄物のReduce,Reuse,Recycleの3R対策がある。そこで,これらを目的としたバイオエンジニアリングとしての浄化槽等の活用や土壌・湿地等の生態系に工学を組み込んだエコエンジニアリングを活用した環境低負荷・資源循環型の処理システム技術開発と解析・評価に関する研究に取り組んでいる。これらは開発途上国においても共通する課題であるが,これまで適正な対策技術の開発がなされてこなかったのが現状である。それ故,開発途上国への展開を視野に入れ,環境低負荷・資源循環型の液状廃棄物の処理システム技術開発及び活用方策に関する課題について,基盤研究をふまえた実証化研究を重点的に実施することを目的とする。

全体計画

単独処理浄化槽の高度化、吸着脱リン法の浄化槽及び液状廃棄物処理プロセスへの導入、膜分離処理技術、消毒等の維持管理システムの高度化、高度合併処理浄化槽の適正評価技術、硝化菌・リン濃度の 迅速定量法、浄化指標微小動物による迅速評価法、開発途上国の汚染状況と適用可能な技術、ラジカルを活用した物理化学処理技術、再資源化技術の開発、ならびに、AGP・湖沼シミュレーターによる窒素、リン除去効果の解析及び面整備の最適化に係るデータ収集を行う(13年度)。
各サブテーマを継続して実施すると同時に、リン資源の回収技術の基盤の確立化と硝化菌・リン濃度の迅速定量法等の実用化システムの確立化を図る(14年度)。
浄化槽に係わる技術、リン回収資源化技術、適正評価技術の実証化を推進する。また、エコエンジニアリングシステムの運転管理手法の最適化、及び物理化学処理技術と再資源化技術の実証化を検討し、かつ、AGP・湖沼シミュレーターによる窒素、リン除去効果の解析も踏まえ面整備における省コスト、省エネルギー効果を検証する(15年度)。
実証化研究を継続するとともに、技術導入に関する制度、政策の適正なあり方の基盤を確立する(16年度)。
バイオ・エコエンジニアリングと生物・物理・化学的処理を有効に活用した内外への対応可能な省エネ、省コスト、省維持管理型の液状廃棄物対策の技術導入のための環境低負荷・資源循環型の構造、管理を踏まえた制度システムを構築する(17年度)。

今年度の研究概要

(1)単独及び合併処理浄化槽、膜分離活性汚泥槽、液状廃棄物処理プラントに吸着脱リン回収型のシステムを導入して、実用条件下における処理機能及びリン吸着担体の破過特性の評価を行い、各タイプに適応した改変技術を処理水の消毒機能の向上化及び建設・維持管理コストの削減化をふまえて開発する。(2)液状廃棄物処理の高度化に有用な微小動物のバイオリアクターへの高密度定着簡易化手法及び窒素除去に関わる有用細菌類の新たな迅速検出手法を検討し、浄化システム管理技術としての熟成を図る。(3)アジア地域の開発途上国を視野に入れた省エネ、省コスト、省維持管理の可能なラグーン浄化システムならびに植栽浄化システムを用いた浄化法について、シミュレーションモデル等による物質収支特性の解析及び有用微生物の動態解析、生態工学的な影響解析を行う。(4)食物残渣破砕物、植物残渣及び汚泥を対象として、生物処理としての高効率コンポスト化、高温好気発酵プロセス、物理化学的処理の最適組合せにかかる技術開発を進め実用の可能性を検討するとともに、液状廃棄物処理における窒素、リン除去能強化の結果を的確に評価しうる藻類増殖潜在能力(AGP)試験方法及び湖沼シミュレーター評価試験方法等を開発するために必要なデータの収集を図る。

備考

中国環境科学研究院, 瀋陽応用生態研究所, 貴州省環境科学研究所, 貴陽市環境科学研究所, 江蘇省環境科学研究所, 無錫市環境科学研究所, 中国清華大学, 上海交通大学, 南京大学, 中国東南大学, ベトナム国立ハノイ大学, タイ環境研究研修センター, アジア工科大学, タイカセサート大学, インドヴィクラム大学

課題代表者

酒井 伸一