ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

木製品における炭素蓄積に関する研究(平成 14年度)
A study on carbon stocks in wood products

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0204AE335
開始/終了年度
2002~2004年
キーワード(日本語)
炭素,吸収源,蓄積,固定,木製品,リサイクル,寿命
キーワード(英語)
CARBON,SINK,STOCK,SEQUESTRATION,WOOD PRODUCTS,RECYCLING,LIFE TIME

研究概要

木製品による炭素の固定は、地球温暖化対策の1つと考えられるが、その炭素蓄積量や地球温暖化対策としてのポテンシャルに関する研究は世界的にも少なく、日本を対象とした包括的な研究はない。本研究は、地球温暖化対策としての木製品による炭素固定の効果を明らかにするとともに、木製品の貿易に関する異なるアカウント方法の評価を行うことを目的とする。

全体計画

3年間で以下の目標を達成する。
1) 日本を対象として、木製品としての炭素流動量、蓄積量を推計する詳細なモデルを作成し、これをもとに廃木材のリサイクルや木製品の長寿命化などの効果を検討する(14年度)。
2) 日本のモデルをもとに、木製品としての炭素流動量、蓄積量を簡易推計するためのデフォルト手法について検討する。また、主要先進国を対象として、木製品の貿易に関する異なる4つのアカウント方法を適用して、アカウント方法の評価を行う(15-16年度)。
3) 京都議定書の中で木製品を取り扱う際の枠組を検討する(16年度)。

今年度の研究概要

日本を対象として、木製品としての炭素流動量、蓄積量を推計する詳細なモデルを作成し、これをもとに廃木材のリサイクルや木製品の長寿命化などの効果を検討する(14年度)。さらに、木製品の貿易に関する異なるアカウント方法に関して、日本を対象とした事例検討を行い、次年度につなげる。

備考

当課題は重点研究分野2.(1)にも関連

課題代表者

橋本 征二

担当者

  • 森口 祐一