ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境汚濁物質の水土壌環境中での挙動とその微生物生態系への影響に関する研究(平成 14年度)
Study on the behavior of pollutants in water and soil environments

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0202AE385
開始/終了年度
2002~2002年
キーワード(日本語)
環境汚濁物質,水環境,土壌環境,挙動,微生物群集,放射能汚染
キーワード(英語)
ENVIRONMENTAL POLLUTANT,WATER ENVIRONMENT,SOIL ENVIRONMENT, FATE,MICROBIAL COMMUNITY,RADIO-ACTIVE CONTAMINATION

研究概要

有機汚濁物質の組成および環境条件が汚濁物質の挙動と微生物生態系に及ぼす影響の検討を行い、人為的操作による環境負荷低減化手法の開発を行う。また、放射能汚染が土壌環境中の微生物生態系に及ぼす影響の解明を行う。

今年度の研究概要

有機汚濁物質の微生物分解時における、有機物、窒素、リン等の組成及び温度、通気等の条件が微生物分解及び微生物群集組成に及ぼす影響について検討を行う。また、種々の濃度の放射性セシウムを添加したマイクロコズムを作成し、生菌数の測定、酵素の測定及び分子生物学的手法を用いた微生物生態系把握により生態系の変遷について検討を行う。

課題代表者

冨岡 典子

  • 地域環境研究センター
    湖沼・河川環境研究室
  • 主任研究員
  • 博士(農学)
  • 生物学,農学
portrait