ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

ディーゼル排気の内分泌撹乱作用と生殖系への影響(平成 14年度)
Diesel exhaust as an environmental hormone

予算区分
KB JST
研究課題コード
0105KB284
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
環境ホルモン,ディーゼル排気
キーワード(英語)
ENVIRONMENTAL HORMONE,DIESEL EXHAUST

研究概要

ディーゼル排ガスおよび微粒子には多数の化学物質が含まれ、その健康影響が危惧されている。これらの健康影響は呼吸器・循環器系にとどまらず、内分泌攪乱作用の存在も示唆されている。本研究では、ディーゼル排ガスおよび微粒子の内分泌攪乱作用とそのメカニズムを分子生物学的に明らかにすることをめざす。

全体計画

マウスにディーゼル排ガスおよび微粒子(DEP)を暴露し、肺のAh receptorやcyp1A1等の発現の変化を検討する(13年度)。過去の文献等を参考に、核タンパクと細胞質タンパクの採取法を検討し、確立する。マウスにディーゼル排ガスおよび微粒子を暴露し、影響を明らかにすると共に、転写因子や核内レセプターの役割を検討する(14年度)。マウスにディーゼル排ガスおよび微粒子を暴露し、影響を明らかにすると共に、転写因子や核内レセプターの役割を検討する。あわせて、複合暴露の影響も検討する(15年度)。マウスにディーゼル排ガスおよび微粒子を暴露し、次世代影響を明らかにすると共に、転写因子や核内レセプターの役割を検討する(16年度)。引き続き影響を解析すると共に、種々の核内レセプターや転写因子を、その相互作用も含め総合的に解析する(17年度)。

今年度の研究概要

内分泌かく乱化学物質がその作用を発揮するためには、核内レセプターや転写因子の活性化による下流遺伝子の発現が重要である。また、核内レセプターと他の転写因子の相互作用によるシグナル伝達の変化が、内分泌かく乱化学物質の作用の一因とも考えられる。本年は、核の内外におけるこれらの挙動と相互作用を明らかにするため、組織における核タンパクと細胞質タンパクの採取法を検討し、確立する。また、ディーゼル排ガスおよび微粒子の暴露を続行する。

備考

当課題は重点研究分野5.(1)にも関連。
東京理科大等との共同研究である。

課題代表者

高野 裕久

担当者