ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

有機臭素化合物の発生と制御に関する研究(平成 14年度)
Organic brominated compounds - sources and control

予算区分
AB 政策対応型
研究課題コード
0105AB406
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
臭素系難燃剤,臭素系ダイオキシン類,循環廃棄過程,制御技術,物質フロー解析
キーワード(英語)
BROMINATED FLAME RETARDANTS,BROMINATED DIOXINS,RECYCLING AND WASTE PROSESSES,CONTROL TECHNOLOGIES,SUBSTANCE FLOW ANALYSIS

研究概要

有機臭素化合物を緊急の検討対象とし、その主たる発生源、環境移動経路をフィールド研究から確認し、制御手法を検討する。臭素化・塩素化ダイオキシン類は分析手法が確立されていないため、現行の塩素化ダイオキシン類の公定法と同等の精度を持つ測定分析手法を確立する。

全体計画

臭素化・塩素化ダイオキシン類の分析手法開発に着手するとともに、処理過程における有機臭素化合物の実態に関する基礎調査を行う。廃TV中の臭素系難燃剤の廃棄予測を行う(13年度)。処理処分・循環利用過程における有機臭素化合物の挙動および排出実態に関する調査を行うとともに、難燃製品の寿命曲線による廃棄予測から環境進入量を試算する(14年度)。有機臭素化合物のバイオアッセイ評価を行い、資源再生過程の挙動を調査する。また、臭素化・塩素化ダイオキシン類の分析方法とバイオアッセイ評価の統合指標化を検討する(15~16年度)。焼却過程における臭素化・塩素化ダイオキシン類の全面測定試行を行うとともに、有機臭素化合物の制御方策のライフサイクル評価を行う(17年度)。

今年度の研究概要

有機臭素系難燃剤を含む廃テレビ等の処理・リサイクルの実態を家電リサイクル法施行前後で把握し、可能性のある難燃剤の環境進入経路を洗い出すとともに、時系列的なフロー予測モデル設計に関する検討を行う。有機臭素化合物の水系への環境進入実態や再資源化プロセスにおける実態を把握するためのフィールド研究と併せて、ラボスケールの溶出試験や難燃加工プラスチックに含まれる難燃剤の熱分解及び臭化ダイオキシン類などの生成分解挙動実験を行うことにより、挙動メカニズムに関する研究にも着手する。

課題代表者

酒井 伸一

担当者