ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

内分泌かく乱化学物質の新たな計測手法と環境動態に関する開発(平成 14年度)
Research on new analytical methods and environmental fate of endocrine disrupters

予算区分
AA 重点特別
研究課題コード
0105AA165
開始/終了年度
2001~2005年
キーワード(日本語)
LC/MS/MS,LC/NMR,ELISA,内分泌撹乱,化学物質,生物検定,酵母アッセイ
キーワード(英語)
LC/MS/MS,LC/NMR,ELISA,ENDOCRINE DISRUPTERS,BIOASSAY,YEAST ASSAY

研究概要

液体クロマトグラフ質量分析法および核磁気共鳴分析法(NMR)を用い、内分泌かく乱化学物質の分析手法を高度化する。生物試験法の開発では、遺伝子組み替え酵母を用いるレポータージーンアッセイ、応答遺伝子やそのタンパク質を利用した内分泌かく乱作用のアッセイ系を確立する。また、無脊椎動物や魚類、両生類に対する影響を評価するための生物試験法を開発する。汚濁河川、閉鎖性水域を中心に、化学物質の測定とともに生物活性を指標とした調査を行い、活性物質の同定を試みる。工業生産量の多い化学物質を対象に、その環境動態を明らかにする。

全体計画

内分泌かく乱化学物質を同定、定量するための新しい分析手法を開発するとともに、内分泌かく乱化学物質の活性を評価するための生物試験法を開発する。これをもとに、湖沼・河川・海岸域における内分泌かく乱化学物質の環境調査を行い、環境媒体のホルモン活性と内分泌かく乱化学物質の濃度の関係を明らかにする。未知の物質による活性が疑われる場合には、化学物質を同定し、その起源を明らかにする。調査結果や生物検定結果をデータベース化し、簡便に検索可能なシステムとして一般に公開する。

今年度の研究概要

内分泌かく乱化学物質を定量・同定するための分析法を引き続き開発する。各種の生物試験系で、陽性および陰性標準となる試験物質を用いて検査し、結果を相互に比較する。甲状腺ホルモンを検出するための迅速な生物試験法を開発する。霞ヶ浦と東京湾におけるホルモン活性と内分泌かく乱化学物質の濃度を引き続き調査する。未知内分泌かく乱化学物質を同定するために、分画を行い対象となる分画を選別する。

課題代表者

白石 寛明

  • 環境リスク・健康研究センター
  • フェロー
  • 理学博士
  • 化学,理学
portrait

担当者

  • 白石 不二雄
  • 多田 満生物・生態系環境研究センター
  • 鈴木 規之環境リスク・健康研究センター
  • 彼谷 邦光
  • 高木 博夫
  • 柴田 康行環境計測研究センター
  • 田中 敦環境計測研究センター
  • 菅谷 芳雄
  • 鑪迫 典久
  • JOHN S.EDMONDS
  • 滝上 英孝
  • 西川 智浩
  • 磯部 友彦環境リスク・健康研究センター
  • 近藤 卓哉
  • 小宇田 智子