ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

アジア諸国における環境意識に関する研究(平成 14年度)
A study on the ecological consciousness in Asian countries

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0104AE013
開始/終了年度
2001~2004年
キーワード(日本語)
環境配慮行動,アジア
キーワード(英語)
ENVIRONMENTAL CONSCIOUS BEHAVIOR,ASIAN COUNTRIES

研究概要

本課題では、アジア諸国における一般の人々の環境意識の形成について明らかにしようとするものである。特に、低環境負荷型経済発展の方策を探るために、どのようなライフスタイルを提示したらよいかについて意識、制度など行動を規定する諸要因に着目する。特に、日本、香港、ベトナム、タイでの研究グループに参加し、アジアの複数地域における比較において分析・考察する。

全体計画

日本においては、化学物質(ダイオキシン)に関する態度、香港では大気汚染、ベトナムでは森林破壊、タイでは温暖化を中心に環境意識の形成についてIn-depthな個人インタビュー調査により、各地域の人々の環境観、エココンシャスネスの形成、対応行動などを明らかにする。

今年度の研究概要

研究グループに参画している国々における制度的な要因についての比較考察を行うための文献調査を行う。

備考

当課題は環境-地球推進 H-1にも関連。

課題代表者

青柳 みどり

  • 社会環境システム研究センター
    統合環境経済研究室
  • 主席研究員
  • 博士 (農学)
  • 社会学,農学
portrait