ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

超高磁場人体用MRIにおける多核種同時計測法の開発に関する研究(平成 14年度)
Development of ultra high field multinuclear MRI system for human measurements

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0103CD188
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
超高磁場,多核種,MRI
キーワード(英語)
ULTRA HIGH FIELD,MULTINUCLEAR,MRI

研究概要

これまでのわが国の高磁場MRI装置のレベルを越える4.7Tでの多核種同時計測システムの構築を目的とする。このため、MRI装置の信号検出系を中心とするハードウェアの開発、測定パルスシークェンスを中心とするソフトウェアの開発、分光計のシステム化等を行い、ヒトの超高磁場イメージング、多核種スペクトル測定を実現することを目標とする。

全体計画

平成13年度 超高磁場多核種測定用MRIシステムの基盤構築と3核同調信号検出器の作製。
平成14年度 超高磁場多核種測定用MRIシステムの改善と2核種測定。
平成15年度 3核種測定と人体での応用計測。

今年度の研究概要

平成13年度の設計に基づき、3核種信号検出器を作製する。これを用いるための測定用ソフトウェアを構築し、ファントム試料を用いた多核種測定を試みる。

備考

所外研究分担者:板井悠二(筑波大学臨床医学系)

課題代表者

三森 文行

担当者