ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

地球温暖化の総合解析を目指した気候モデルと影響・対策評価モデルの統合に関する研究(平成 14年度)
Study on integration of climate model and impact/mitigation measure evaluation model for synthetic analysis of global warming

予算区分
BA 環境-地球推進 IR-3
研究課題コード
0103BA341
開始/終了年度
2001~2003年
キーワード(日本語)
排出シナリオ,エアロゾル,温室効果気体,水資源
キーワード(英語)
EMISSION SCENARIO,AEROSOL,GREENHOUSE GASES,WATER RESOURCES

研究概要

目的は、温暖化の影響、各種温暖化対策の必要性と効果を提供すること。目標は、対策評価、温暖化の見通しの評価、影響評価の3つのモデル間の相互作用を解析するアジア太平洋地域向けの統合モデルを開発し、温室効果気体及びエアロゾルの排出が地域の気候変化を通して農業の収量変化や水資源の変化へ及ぼす影響に対する基礎的情報を得ること。

全体計画

排出シナリオと気候モデルとのインターフェース開発、気候モデルと影響評価モデルとのインターフェース開発、気候モデルと影響・対策評価モデルとを統合したモデルによる総合評価実験を行う。
温室効果気体およびエアロゾル源の排出シナリオに関する検討、アジア太平洋地域向けの地域気候モデルの開発、各種気候・地球環境データの内容の検討・収集(13年度)
温室効果気体等の時間変化をソース排出データから導出する方法の検討・実験、気候モデルの不確実性の影響モデルに対する感度実験、過去100年の気候再現実験(14年度)
排出シナリオの不確実性の気候シナリオに対する感度実験、水資源・農業活動の影響評価に特化した地域気候モデルの実験、過去100年の地域気候シナリオの排出シナリオに対する応答実験(15年度)

今年度の研究概要

各種温室効果気体の濃度の年々変化、各種エアロゾル、オゾンの空間分布の時間変化を、それらのソース排出データから導出する方法の検討・実験、気候モデルの系統誤差やパラメータの不確実性の影響モデルの誤差に対する感度実験、過去の排出シナリオデータを与えた気候モデルによる過去100年の再現実験を行う。

備考

共同研究機関:東京大学

課題代表者

井上 元

担当者

  • 野沢 徹
  • 日暮 明子環境計測研究センター
  • 菅田 誠治地域環境研究センター
  • 森田 恒幸
  • 原澤 英夫
  • 甲斐沼 美紀子
  • 増井 利彦社会環境システム研究センター
  • portrait
    高橋 潔社会環境システム研究センター