ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

廃棄物溶融スラグの再生利用促進に関する研究(平成 14年度)
Studies on recycling of slug generated from waste melting processes

予算区分
BY 環境-委託請負
研究課題コード
0102BY305
開始/終了年度
2001~2002年
キーワード(日本語)
廃棄物溶融プロセス,スラグ,リサイクル,環境安全評価,品質管理手法
キーワード(英語)
WASTE MELTING PROCESS,SLUG,RECYCLING,ENVIRONMENTAL SAFETY EVALUATION,QUALITY CONTROL MEASURES

研究概要

廃棄物の溶融プロセスで製造されるスラグの有効利用を促進するために、品質性状を管理するための手法および環境安全性を評価するための試験方法を開発、提案する。また、再生品の有効利用の際の環境安全管理制度について検討し、制度的枠組みを設計する。
13年度:実態の把握と基礎的なデータ収集。品質管理および安全性評価手法の概念設計。14年度:品質管理技術指針化原案と安全性試験法および環境安全管理制度の枠組みの提案。

全体計画

13年度:溶融施設に対するアンケート調査による実態把握。稼動施設からのスラグ試料採取・分析。品質性状のばらつき要因からみたスラグの化学的特性化。安全性評価試験に関する基礎的データ収集。再生品の環境安全管理制度に関する内外の情報収集・レビュー。14年度:有効利用箇所のフィールド調査による品質劣化および安全性からみた追跡確認。品質管理技術指針原案の作成。環境場での有害物質の挙動を踏まえた安全性評価試験法の設計、適用。環境安全管理制度の設計と効果シミュレーション、適用上の課題抽出。

今年度の研究概要

品質・性状管理のための技術指針原案を作成する。環境安全性の評価においては、再生原料として二次加工製品についても評価事例を拡大し、さらにバージン材からの加工製品も同時に評価する。環境安全性評価については、実験的データをさらに集積し、目的に応じた評価試験系を開発・確立する。施工現場の追跡調査においては、品質の安定性および安全性を担保するデータを集積する。スラグ化と他の代替シナリオ間で総合的な環境負荷を簡略的なLCAによって比較評価する。

備考

共同研究機関:京都大学環境保全センター、秋田工業高等専門学校

課題代表者

大迫 政浩

  • 資源循環・廃棄物研究センター
  • センター長
  • 工学博士
  • 工学
portrait

担当者

  • 酒井 伸一
  • 貴田 晶子
  • portrait
    田崎 智宏資源循環・廃棄物研究センター