ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

車載型機器による実走行時自動車排ガス計測・管理システムの実証(平成 14年度)
Establishment of on-board measurement system for automotive exhausts at actual driving condition

予算区分
BD 環境-環境技術
研究課題コード
0102BD302
開始/終了年度
2001~2002年
キーワード(日本語)
自動車排ガス,車載計測,走行動態
キーワード(英語)
AUTOMOTIVE EXHAUSTS,ON-BOARD MEASUREMENT,ACTUAL DRIVING CONDITION

研究概要

自動車排ガスに中の各種大気汚染物質の測定は、従来、主にシャシーダイナモ装置を用いて行われてきた。本研究は、これを補完・代替する手法として、車載型の排ガス計測技術および走行動態の計測技術を開発するとともに、この技術を用いて走行動態と排ガス量の関係を解明し、自動車排ガス汚染の改善に資する知見を提供することを目指す。

全体計画

シャシーダイナモ装置上で、車載型排ガス計測装置と、従来型の排ガス計測装置を用いた並行測定を行い、相互比較により精度を検証する。車載排ガス計と走行動態計測機器を搭載した車両によって、実地走行試験を行い、さまざまな走行条件下における排ガス量と走行動態を計測する。これらの実測結果をもとに、走行動態から排ガス中の汚染物質量を精度よく推定するための手法を開発する。

今年度の研究概要

車載型CO,CO2,HC,PM計測装置を用いて、実市街地における計測およびシャシーダイナモ装置上での並行測定を行い、車載型機器の精度の検証および走行動態と排ガスの関係解明を行う。これによって、車載型排ガス計測・走行動態計測技術の有用性を実証する。

備考

共同研究機関:東京都環境科学研究所, 慶応義塾大学, 中央大学, (株)数理計画, (株)堀場製作所

課題代表者

森口 祐一

担当者

  • 若松 伸司
  • 小林 伸治
  • 近藤 美則地域環境研究センター
  • portrait
    松橋 啓介社会環境システム研究センター
  • 田邊 潔環境計測研究センター
  • 上原 清
  • 松本 幸雄