ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

土壌生態系における土壌微生物群集構造の解析(平成 14年度)
Microbial community analysis of soil ecosystem

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0004AE114
開始/終了年度
2000~2004年
キーワード(日本語)
土壌,土壌生成,微生物,群集解析,土壌環境影響評価
キーワード(英語)
SOIL,SOIL GENESIS,MICROORGANISM,COMMUNITY ANALYSIS,EVALUATION OF SOIL ENVIRONMENT

研究概要

土壌生成過程の相違が土壌に生息する微生物の量や群集構造にあたえる影響を明らかにするとともに、これら微生物量と群集構造の相違が重金属等の汚染物質に対してどのような挙動変化を示すものかをあわせて検証していく。

全体計画

地形、母材、植生、土地利用形態等の異なる土壌のサンプリングを行う(12年度)。
採取した土壌試料の微生物バイオマス量等、微生物特性の分析を行う(13年度)。
各土壌試料にいくつかの処理(殺菌、基質添加、金属添加等)を加え、その応答パターンの相違を検証する(14~15年度)。
初年度に採取した試料に加え、用いる試料系列を追加し、各種土壌生成発達程度の違いや環境負荷による微生物群集の応答パターンの変化などを検証する(16年度)。

今年度の研究概要

滅菌処理した土壌に幾種類かの微生物群集を接種し培養実験を行う。培養後の土壌微生物特性ついて定性・定量解析を行い、土壌構造や化学性が微生物特性にあたえている影響を検証する。

課題代表者

村田 智吉

  • 地域環境研究センター
    土壌環境研究室
  • 主任研究員
  • 博士 (農学)
  • 農学,地学
portrait