ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

相模湾生物の有機スズ化合物による汚染及び生態影響の実態解明(平成 14年度)
Present status on contamination and ecological adverse effects by organotin compounds from antifouling paints, observed in marine organisms from Sagami Bay, Japan

予算区分
CD 文科-科研費
研究課題コード
0002CD054
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
相模湾,有機スズ化合物,汚染,生態影響
キーワード(英語)
SAGAMI BAY,ORGANOTIN COMPOUNDS,CONTAMINATION,ECOLOGICAL ADVERSE EFFECTS

研究概要

相模湾の環境と生物の流動性を解明し、生物保護区制定に向けて活用することが地域連携推進経費に係る本研究課題の究極の目的であり、その一環として、本サブテーマでは相模湾における有機スズ汚染の動向と巻貝類のインポセックスの推移及び個体群動態を明らかにする。

全体計画

船底塗料由来の有機スズ汚染が顕著であったマリーナ等の汚染源近傍海域でイボニシを定期的に採集し、インポセックス症状と産卵行動の観察並びに体内有機スズ濃度の測定を行い、汚染源近傍海域のイボニシ個体群における有機スズ汚染とインポセックスの現状と推移を解析する(平成12~14年度)。また相模湾産の海産生物中の有機スズ濃度を測定し、食物網を通じた有機スズの濃縮や体内分布について検討する(平成13年度)。相模湾沿岸環境中での有機スズ化合物の分布と移行の過程を解析し、イボニシのインポセックスと個体群動態の解析と組み合わせて、船底塗料由来の有機スズがイボニシ個体群にどのように影響を与えてきたか評価する(平成14年度)。

今年度の研究概要

上記のイボニシ調査を継続して、油壷と平磯におけるイボニシの個体群動態を解析し、有機スズに長年汚染され影響を被ってきた個体群の動態の特徴を示し、また有機スズ汚染とインポセックス症状の経年的推移との関連で、イボニシの個体群維持機構について考察を加える。

備考

地域連携推進経費「相模湾環境保全へ向けての生物保護区制定のための学術的研究」(研究代表者:東京大学大学院理学系研究科教授
森澤正昭)のサブテーマ。

課題代表者

堀口 敏宏

  • 環境リスク・健康研究センター
    生態系影響評価研究室
  • 室長
  • 博士(農学)
  • 水産学,生物学,解剖学
portrait