ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

気候変動の将来の見通しの向上を目指したエアロゾル・水・植生等の過程のモデル化に関する研究(平成 14年度)
Study on modeling aerosol-, water cycle-, and vegetation-processes in the climate system for improving performances of future projection of climate variability

予算区分
BA 環境-地球推進 B-1
研究課題コード
0002BA080
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
気候モデル,気候変化,エアロゾル,オゾン,水循環
キーワード(英語)
CLIMATE MODEL,CLIMATE CHANGE,AEROSOL,OZONE,WATER CIRCULATION

研究概要

(1)人為起源の対流圏エアロゾルと対流圏オゾンによる気候変化の不確定性を明らかにすること、(2)水蒸気、雲、地表水文過程などによってもたらされる気候変化・気候変動の不確定性を明らかにすること、(3)気候変化・気候変動と対流圏物質循環、森林生態系間のフィードバックを含めた総合的なモデルの基礎を確立すること、を主な目的とし、さらに、それらの知見を統合し、総合的な気候・物質循環モデルの開発改良とその応用を目指す。

全体計画

エアロゾルモデル開発、エアロゾル・オゾン相互作用モデル開発、多波長衛星データによるエアロゾル光学特性推定アルゴリズムの開発、等(12-13年度)。
エアロゾル及びオゾンモデルを全球気候モデルに組み込むモデルの開発、水蒸気・雲過程の季節変化・経年変化に関する衛星観測データとモデル結果の比較解析、等(14年度)。

今年度の研究概要

エアロゾルの雲生成を通しての放射に関する間接効果を表現するモデルの開発、エアロゾルとオゾンの化学過程を通しての相互作用モデル開発、衛星データによる対流圏エアロゾル光学特性の長期変動の解析、降水過程の日変化・季節内変動・季節変化に関する観測と気候モデル計算結果の比較解析、等を行う。

備考

共同研究機関:東京大学, 九州大学。陸上生態系フィードバックに関する研究の部分については、森林総合研究所, 農業環境技術研究所, 産業技術総合研究所が担当。

課題代表者

神沢 博

担当者