ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

交通需要の地域特性に適合した運輸部門の環境効率向上策とその普及促進策に関する研究(1) 輸送機関の環境効率評価と需要に適合した普及促進策に関する研究(平成 14年度)
Studies on evaluation of transport systems on environmental efficiency and promotion of transport systems suitable for the traffic demand

予算区分
BA 環境-地球推進 B-55
研究課題コード
0002BA222
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
交通需要,環境効率,輸送機関,ライフサイクル評価
キーワード(英語)
TRAFFIC DEMAND,ENVIRONMENTAL EFFICIENCY,TRANSPORT SYSTEMS,LIFE CYCLE ASSESSMENT

研究概要

運輸起源の二酸化炭素排出量は、アジア諸国をはじめとする発展途上国においてもモータリゼーションの急進により急増傾向にある。二酸化炭素排出削減目標の達成には、運輸からの排出の8~9割を占める自動車からの排出削減が不可欠である。本研究課題は、エネルギー生産・供給まで遡った総合的な効率の高い輸送技術を見出し、中長期的な普及戦略の根拠を得るとともに、交通需要の地域特性の異なる類型ごとに、公共交通システム整備、高効率車への代替促進等の施策の費用対効果を明らかにすることを目標とする。

全体計画

地域別に利用可能なエネルギー源の量、生産・製造プロセス、プロセス入出力等の検討ともに、都市類型と輸送機関選択、環境負荷の関係を明らかにする(12年度)。
交通システム毎の効率評価のためのデータベースの検討を行うとともに、賦課金による排出削減効果のケーススタディーを行う。(13年度)
地域規模別エネルギー供給量に基づいた交通システム毎のトータル効率の推定、地域特性に合致した交通システムの提示、交通環境賦課金制度の有効性を明らかにする。(14年度)

今年度の研究概要

地域規模別交通システム毎のトータル効率を明らかにするとともに、地域特性に合致した交通システムを提示する。他のサブテーマで得られた成果をモデルに組み入れ、改良されたモデルにより交通環境賦課金制度の有効性を明らかにする。

備考

(独)産業技術総合研究所、(独)交通安全環境研究所、名古屋大学、慶應義塾大学、群馬大学との共同研究である。

課題代表者

近藤 美則

  • 地域環境研究センター
    広域大気環境研究室
  • 主席研究員
  • 博士(工学)
  • システム工学
portrait

担当者

  • 森口 祐一
  • portrait
    松橋 啓介社会環境システム研究センター
  • 工藤 祐揮