ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

環境データの統計解析法に関する研究(平成 14年度)
Statistical analysis of environmental data

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0002AE224
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
統計,データ解析,環境データ
キーワード(英語)
STATISTICAL METHODS,DATA ANALYSIS,ENVIRONMENTAL DATA

研究概要

環境データから有効に情報を引き出すための統計的方法を開発し、データ取得計画とデータ解析に適用することを目的とする。具体的には次を目標とする。
1. 大気汚染物質の調査結果から濃度変動の空間時間変動特性を明らかにするための解析方法を開発する。
2. 環境データの分布における極値(高い値)の出現確率と各種期待値との関係をモデル化し極値の制御可能性を検討する。

全体計画

12年度:1)確率場の方法を検討する。2)大気汚染データの分布において極値の出現確率と期待値の関連を統計理論面から整理する。
13年度:1) 都市の大気汚染データの空間変動特性を解析する。2)極値の出現確率と期待値の理論を開発する。
14年度:1)都市の大気汚染データの空間時間変動特性をまとめる。3)極値の出現確率と期待値の理論面をまとめる。

今年度の研究概要

1)確率場の方法を用いて都市大気汚染調査データをまとめる。
2)極値の出現確率と期待値の理論をまとめる。

課題代表者

松本 幸雄