ユーザー別ナビ |
  • 一般の方
  • 研究関係者の方
  • 環境問題に関心のある方

中緯度における大気中物質輸送についての研究(平成 14年度)
Study on material transport in the mid-latitude atmosphere

予算区分
AE 経常
研究課題コード
0002AE082
開始/終了年度
2000~2002年
キーワード(日本語)
物質輸送,高低気圧,越境大気汚染
キーワード(英語)
MATERIAL TRANSPORT,PRESSURE SYSTEMS,TRANSBOUNDARY AIR POLLUTANT

研究概要

中緯度対流圏は高低気圧波動やジェットが存在し複雑な物質輸送を引き起こしている。この中緯度における物質輸送の基本的な性質を解明し、越境大気汚染に関する大気状態の影響について理解することを目標とする。

全体計画

日本域周辺への物質の流入と高低気圧移動の関係を表すのに適した指標を探る(13年度)。
13年度で得られた指標を用いて輸送過程の時間変動を明らかにする(14年度)。

今年度の研究概要

物質輸送モデルを用いて、化学反応の単純な物質を選んでその日本周辺域への輸送量の時間変動を調べる

課題代表者

菅田 誠治

  • 地域環境研究センター
    大気環境モデリング研究室
  • 室長
  • 博士 (理学)
  • 理学 ,地学
portrait